2014-03-19 Wed

先日、コミュニケーション心理学を勉強してきた。
好きな仕事をしたり、目標を持って生きている人は、そうでない人に比べて、
20歳も寿命が長くなるそうだ。つまり、20歳も若返る、とも言える。


私もトマト効果で、美肌。確かに若いだろう。
最も恐ろしいのは、私の妻かも知れない。

結婚してどんどん若くなっている。OFFの日、何やってんだ?
あ、自宅で仕事か?(笑)。
・・・・ちなみに、昔から私と交際する女性は、だんだん綺麗に
なっていきましたが(笑・切腹!)


大学講義でも、航空志望者も多いようなので、妻や内定者、OGの会話をもとにしながら、
航空志望者にプチアドバイスができればと思います。

JALでも、ANAでも、サービス業界でも、マスコミでも通じるアドバイスです。
妻は、私の厳しい上司でもあります★仕事に対してはシビアです。刺激になりますが。


・・・・・・JA●グループは、稲●和夫元会長の進言にもありましたように、
「一体感を大切にし、大変な時がJA●の見せどころ。お客様との一期一会を大切に」を
基本に行動しましょう。
必要な人材として、「笑顔や優しさ、おもてなしは当たり前。逃げない強い人」を
求めます。ピンチをチャンスに変える人。これは、JA●だけに限ったことではないでしょう。

私の妻は、一年浪人の末、短大に入学しました。JA●が第一志望でしたが、
当時JA●の御巣鷹山の事故があり、新卒採用がなく、東亜国内航空(TD●)に入社。
その後、
日本エ●システム(JA●)でグランドスタッフを長年勤務を経て、JA●との統合で、
現在教育研修、人事考課を担当しております。浪人、短大、入社後も統合、赤字、
危機など何度もピンチの連続、紆余曲折などありましたが、逃げず、あきらめず、
なんと、30年近く、無遅刻無欠勤。
「え?・・・・・・鉄人衣笠なのか?」(ツッコミュニケーション)

そんなこんなで、今年から、グループ長に昇進いたしました。引き続き、
ナンバー1航空会社に向けて優秀な人材を輩出するべく、人事考課、採用面接官も。


航空会社の仕事のやり甲斐は、お客様の思い出、幸せを作る仕事です。
いざというときに、逃げない人、メンタルの強い人を求めているかと思います。


女性を捨てる場面も多々あり、決して華やかな仕事ではありません。先月の大雪・豪雪日も、
休日出勤で、 妻は羽田空港へGO!

私は、マンションのベランダの雪かき(笑)。
妻は、部下の現場指導・管理をしながらお客様の誘導を兼任しておりました。
災害後、トラブルは休みもありません。
本人は「プロとして当然」としています。他の社員も同様のスタンスなのでしょうか?

「会社は利益を生み出すビジネス」で、いつも競争・闘いの場ですので、
「決死の覚悟」「生命を賭して」「人生を賭けて」企業エントリーしましょう。

プライベートは、二の次です。それを乗り越えた、頂上の景色は、絶景かと思います。
宮本武蔵「限界のその先を見たい」・・・・・ですね。


私も大学就職講師の他、マスコミ、メディア、出版、作家、テレビの仕事を通じて、
心を痛める辛苦(今も!!笑)の後、雨のち晴れ!・・・・・・・
歓喜・感動・醍醐味を体感しております。これが、仕事のやり甲斐で、生涯貫きます。
それが「粉骨砕身のプロ魂」かと思います。

仕事は内定がゴールではなく、入社後が肝心である ことを再確認しますね。
今年多くの大学でも「幸せな家庭を築きたい」という女子大生の目標・夢が
多かったのですが、まずは、やり甲斐のある仕事、生きがいのある仕事あっての
幸せな家庭ではないでしょうか?

妻は永遠のライバル?お互いに負けたくないのだ!
お互い切磋琢磨し、現状維持・妥協することなく、
「教育の限界の先・頂点」を見るため、そして、「世の中に素晴らしい人材を輩出していく」面では
共通の目標で大変やり甲斐を感じ、幸福な毎日です。


私も妻もまだ発展途上人ですが、ではプロとは?どんな人なんでしょうか?

「差別化できるものを持っているかどうか」「絶対にこれだけは負けないONEがあるかどうか」
だと思います。

入社後も、<個々が闘いの場>になります。
就職活動中の学生も、サバイバルの企業人も、少子化時代の大学も、われわれ大学講師も、スポーツの
世界同様に、勝ち残るためには「差別化」=個性=オンリーワンであると思いますがいかがでしょうか?

ぜひ、学生には、やらない後悔より、やって反省して欲しいと思います。最近、多くの大学講義の質問でも、
「失敗談や挫折経験がないこと」が1番多かったです。


私も、何年かかっても、「日本一の就職講師」「仕事のてっぺん・頂上」を目指しております。
目標成就のためには、命がけです。決して、あきらめません。「縁」はどこかで必ずつながっています。
私の厳しい妻同様、現状維持・妥協なんて、甘い!甘い!


近くに、ライバルがいることは刺激になります。

緊張感ハンパないが、いつか妻超えをして、自分超えをし、限界のその先を見たい!



CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission