2014-02-04 Tue

私が生まれ育った1970年代の小学生、80年代の高校生、
90年代の大学生、就職活動時代と比べ、世の中がかなり
モノも含め、豊かになってきている。

携帯電話、パソコン、住宅・交通・買物事情を含め、恵まれている。
うらやましい限りである。

平和すぎる、豊かすぎるために、豊かな心、人との絆が少し失われているような
気もする・・・・。


今の若者が携帯やゲームに時間を奪われるなんてダメとは言わない。
しかし、なんだか、もったいないぞ!

もっと、楽しいことあるのに、と思ってしまう私は<ミドル世代>か?
(肌年齢は、18歳で美肌ヤング世代ですが)

最近、教え子の就職活動での朗報ラッシュになっている。

また、元教え子・OBやOGの第一希望ハッピー転職成功報告も毎週くる。
仕事の出世、プロジェクト成功・・・など教え子の朗報は正直、嬉しい。

続々、人気企業ランキング10位、独占内定GET!だぜ!
卒業しても、こんな私に連絡・相談くれるのは、講師冥利に尽きる!

「出藍の誉」・・・・・なんて素敵な言葉だ。

・・・・私も、大学講師人気ランキング選手権があれば、みんなの
ため、もちろん1位を獲りますが・・・・

本題に。

幼少時からの両親との家庭環境・教育・経験

は大きな影響を占める。




大学の授業の現場で大学生とコミュニケーションをしていると、
「両親のしつけ」「育て方」「マナー」が出てしまう。たとえば、

◎「私の母が」
×「ママが」
△「お母さんが」
×「マミーが」

男女問わず、2秒で20年間が分かってしまう。ばれてしまう。

母・父・祖母・祖父・兄・姉・弟・妹・・・・といえる学生も減ってきた。

教室での1秒「はい」の返事、出席カードの書き方、
メールの返し、年賀状、手紙、食べ方・・・・・・

就職活動前で、「ダイヤモンドの原石」かどうか、悲しいかな、
すぐにわかってしまう。でも、親のせいだとは言えない世の中。

「家庭環境=子供の心の成長=自立・野心

=就職内定=出世・成功=縁・絆=幸福な人生」


どの各駅もリンク・直結している。(例外もあるだろうが)

親とのコミュニケーションしていますか?しましょう、ね。

家庭環境に恵まれたら、恩返ししましょう<親孝行のココロ>
恵まれなくっても、逆転・見返ししましょう<ハングリー精神>

感謝の気持ちは大切であるが、どちらにしても、社会は
親を言い訳できないのだ。


私の就職活動、仕事を前向きに楽しくがむしゃらに頑張れたのは、天国の母のため。
・・・・・命はなくなっても、「魂」は私の体内に永遠に宿り続けている。

「私の現在の成功・幸福は、両親のおかげです」
ヒーローインタビューの常套句だ。私も同感。


私の両親は、

①毎日、楽しく、明るすぎる家庭
②書道・文章にうるさすぎる家庭
③個性を重んじ、負けず嫌いすぎる家庭


で私を育ててくれた。

①は講師業、テレビ出演で
②は作家で著作70冊、
③はトマト・学食活動で

花開いた。

3本の矢は、両親のおかげだ。
3歳児に、書道を学ばせた母はいい意味で異常である。
(野球やサッカーのボールじゃないんかい!?)

しかし、天才マザーでもあった。

3本の矢はつながっている。
①大学でコミュニケーション・国語・日本語・敬語・文章を教え、
②それが、アナログの重要性で、作文添削にも活きている
③ナンバー1よりオンリー1になれ!は真なり!である。


5分の墓参りでも、片道5時間かけて行くのだよ。

「親孝行したいときに、親はなし」にならないように、
親のために、受験、就職活動、仕事に笑顔で頑張ってみようよ。


夢は逃げない、逃げるのは自分!

君は観客じゃない。主役だ。笑顔でFIGHT!!

次に、歓喜の雄叫び、ガッツポーズを出すのは、君だ!





2014-02-04 Tue

人間の致死率は、100%。

マラソンにゴールがあるように、人生のゴールは

「死」なのだろうか?「死」は間違いなく来るとすれば、

それを仕事の「仕」、歴史の「史」、師匠の「師」、武士の「士」、

ポエムの「詩」、支え合うの「支」に置き換えてはどうだろうか?


昨年12月1日、「死」に直面するシーンがあり、人生について

より深く、濃く考えるようになった。

「人生吟味」とでもいうのだろうか?

私にとっての幸せは、目に見えないものを見ること、

お金では買えない出会い、経験をすることである。


仕事を通じて、出会った仲間と支え合い、師匠を見つけ、

武士道を身につける。

それは、歴史や詩の1ページを刻み、後世に残る。




大学講義、執筆活動、メディア出演活動、イベント開催・・・・

どれも<一期一会>である。

また、負けず嫌い魂・ナルシスト魂が再燃してきたぞ。

存在感アピールして、周りに笑顔の華が咲き、ハッピーになれば

特上の人生である。

こんな豪華なご馳走はない。

次のあなたのオーダーはなんですか?・・・・・・オーダーメイドで答えていきます。

ただし、ご注文以上、期待以上の倍返しを残していきますから。

まさに、人生は、サプライズの連続だ。

お金の「円」よりも、人の「縁」の方がはるかに大切です







CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission