2012-01-28 Sat

1月28日、立教ビジネスクリエィター塾の社会人向け講座開講。

いつもは大学で、学生向けの講師を担当しているが、
去る1月10日の新大久保ライセンスアカデミーに続く、ビジネスマン向け講座。

今回銀座で、40名近くの方にご参加いただき、大盛況。
詳しいレポートは、こちら。

http://www.rikkyo.biz/report/

昨年から、就職講座<父兄向け>の新ジャンル講座も担当し、新境地開拓!
セミナーの軸は、学生向けと変わらない。
「こんな私も、最初は、口下手でした・・・・」という自己紹介からいつも入る。

いきなりのカミングアウトと下から目線の低姿勢講師に、みなさん目が点。
リップサービスではない、事実なのである。

★あがり症、口下手、ネクラ人間が、今こうして、大学講師、
テレビ・ラジオ出演をしている。

★国語アレルギー、日本語ダメンズだった私が、
今こうして作文・敬語・日本語の本を出版している。

劇的BEFORE AFTER リアル版 なので、
まさに事実は小説より奇なりである。

講座後には、名刺交換、質問、歓談、
コミュニケーションなど受講生のみなさんと盛り上がる。

・・・・・講師界で、やはり日本一になりたい。

プロ野球選手が、メジャーリーグに挑戦する理由も納得できる。
しかし、講師界のメジャーリーグは、どこなのだろうか?

昨年、日本大学藝術学部の講座で、
「唐沢先生の講座は、芸術作品です」とアンケートに
書かれた言葉が脳裏をよぎる。
大変有り難く、講師冥利に尽きる。

私は【生涯講師宣言】をここで改めてしたい。

自己満足ではなく、自己犠牲からの他己満足でなければならない。

講義は、受講生が主役。講師は脇役にすぎない。


・・・・銀座から、新橋へ移動。

講師から受講生へCHANGE!

今度は、日本一多くの書籍をベストセラー本を手がけている、
私の師匠・サンマーク出版・植木社長と、

日本一多くのベストセラー本を出版している、
私淑している作家の本田健氏の講演会に、

VIPとして参加させていただいた。
貴重な講演会に、大変感謝である。

まだまだ私は、メジャーリーグどころではない、とプチ失笑と大反省。

当然のことながら、植木社長の人生経験の深さ、
本田氏の流暢かつユーモア溢れる会話に度肝を抜かれた。

このような素晴らしい出会い・ご縁・再会に感謝。

講演会後、帰りのタクシーの中で、植木社長が何度も私に電話をしてくれた。
こんな私ごときにために、御礼を言われた。

「今日も来てくれてありがとうな・・・・」

毎回、ハートフルな京都弁の植木社長の真摯な心にあっぱれ。

関西人として、その御礼に、
今日の講演会プチ実況中継の美味しいとこ取りを話し、
植木社長をタクシーの中で、2分間、笑わせ倒し、自己満足。
(この自己満足は良し!ですね@笑)

いつかサンマーク出版で、書籍を出版し、ミリオンいきたいですね、
本田氏のように・・・・


夢は正夢!







CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission