2011-11-30 Wed

先日、11月26日(土)共立女子大学にて、毎年恒例の唐沢マスコミ就職LIVE!

を開催しました。

今回も、50名を超える多くの大学3年生、唐沢マスコミゼミ生に、参加してもらいました。

また、ゲスト講師も、現役のNHKアナウンサー、NHK出版部長、オリエンタルランド、

大手出版社編集者、テレビ静岡、大和証券内定の教え子・・・・・・など、

ゲスト講師も豪華絢爛!

セミナー、グループディスカッション、面接などオールメニュー制覇!

パッション全開の5時間半ノンストップの生放送!

東京ドームコンサートに負けない迫力だった。

今回も、みんなで作る【手弁当イベント】でしたが、見事に成功しました。

毎回、生放送のイベントなので、台本通りには行きませんが、

達成感はSUPER MAX!!

ゲストのみなさん、参加された学生のみなさん、場所を提供してくださった大学職員の

みなさん、本当にありがとうございました。

・・・・終わった後の勝利の美酒は最高に美味しい!

そういえば、来年は内定ビールかけをしよう!という話にもなりましたね♪

ぜひ、勝利のビールかけをしましょう、内定者、みなさん、ゲスト講師と!


やはり<マスコミ業界>は楽しい!美味しい!素晴らしい!

クリエーター、エンターテイメント、マスメディアの世界は、無から有を創る世界!


次回は、TBS内定者(現4年生の教え子)と、激辛就活LIVE!をします。

春、夏に続いて、辛すぎて、<やけどする生LIVE>になると思います。

こちらもお楽しみに・・・・。



2011-11-24 Thu

2011年11月は、唐沢明の師匠・3名に直接会うことができ、

格別の思いとともに、また新年に向けて、決意表明をした次第である。

◆まずは、サンマーク出版の社長。

周りから見ていると、2人ともバツグンの呼吸のため、漫才コンビか?

と思うほど、仲がいいらしいです・・・・・。

師匠と弟子ですから、眼差しも輝いている。

神は細部に宿る。

仕事は、首から上ではなく、首から下でするもの。

象と蟻の話。

出版業界で一番偉いのは、編集者でなく、読者。


数々の名言をいただき、今日の私が存在します。

私が今、こうして頑張れている背景には、社長との出会い、

社長からの言葉のおかげです。



◆2人目は、テレビ朝日Tアナウンサー。

祝日当日にお電話して、六本木で監禁?取材!敢行!

・・・・・また、T氏も尊敬の領域を超えてしまう。

日本一のイケメンアナウンサーであるが、外見だけでなく、

内面もイケメン(イケてるナイメン)なのである。

テレビマンの誇り。現場主義。

感謝の気持ち。配慮、思いやり。


素晴らしい。

こんな発展途上の私に、ご多忙の中、3時間も付き合ってくださるとは?

仕事のビジョン、マスコミ人の使命などいろいろ聞けました。

本当に、ありがとうございます。

即、実行します。

放送、出版とお互いに仕事の畑は違えど、思いの根っこは同じですね。

・・・・・テレビ朝日となんだか「ご縁」がありますね。

目指せ!「報道ステーション」コメンテーター・唐沢!

最後の挨拶のオチは、「唐沢先生、可愛いですね」と。

男性からこの年になって「可愛い」と言われる所以は?


摩訶不思議!!



◆3人目は、やはりこの人、SMAP木村拓哉さんでしょうか?

視聴者はいろいろ誤解をしているようですね。

仕事に対するプライドや周りへの

愛情
は、ブラウン管じゃわからない・・・・・(プリプリの♪ダイヤモンドのように)



とにかく、11月も新・原点回帰の1ヶ月でした。

JOBパワー注入しました!

「出会い」は人生を好転させます。

「師匠」「メンター」は不可欠です。



2011-11-12 Sat

TBSテレビのドラマ「南極物語」がついにスタートした。

直前スペシャル、1回目からずっと視聴している。

毎回、号泣している。

大スクリーン、映画館で見たい。

「ヤマト」は未来、「南極大陸」は過去。

現在、過去、未来、すべて魂を込めて演じられる木村拓哉さんは

スゴイ、の一言。

今回は、今までにないパターンのストーリー、展開、出演者である。

コメント、感想を書くと、おそらく「電話帳」になってしまうだろう(笑)。

木村拓哉さんに最も合っている「全力ドラマ」である。

出演者、制作者の意図も、心に響いてくる。


SMAP木村拓哉さん、歌手木村拓哉さんという軸でいままで

見ていたが、今回は、「役者・木村拓哉さん」という立ち位置で

ドラマをウオッチしているが、毎回、すさまじい。

視聴率は、今の時代あまり関係ないと思う。

数字よりも、ハートに訴えるメッセージ性ではないだろうか?

ぜひ、「映画化」して欲しい。

私の故郷、広島も登場し、広島出身の綾瀬はるかさん、ドロンズ石本さんも、

全力演技だ。

今後も楽しみにしています。

11月は、木村拓哉さん、そして私の誕生月。

東京ドームで、「祝」・・・・・・・









CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission