2011-02-24 Thu

2011年50日間が経過した。激動、感動の2011年スタートである。

・・・・・この50日間で、129冊のビジネス書を読破!

関わった人すべてが、HAPPYになる!

これが、私の人生のミッションです。就職講座でもいい、テレビでもいい、

政治でもいいかも知れない。

インプット期間は、この時期、重要である。(・・・・ブログストップ、すみません)

これから、一気にアウトプット&スパークしていきますね!

●教え子、TBSテレビに内定報告。おめでとう!

「おめでとうございます!・・・・・講師冥利に尽きます」

昨年秋のマスコミセミナー後、私のテレ朝SMAPテレビ番組を見た質問や、ES、

面接対策質問のほか、私の人脈を紹介してください、など、気がつけば、1時間15分の

独占質問劇場へ・・・・・・超肉食の女子学生だった。素晴らしい。

「やはり、あの子か!」・・・・・秒殺内定!?人は一瞬で一生が決まる!

「縁(緑ではありませんよ♪)の伝染事件」この朗報3日後に、

なんと、TBS「アッコにおまかせ!」の出演オファー。

2011のシンクロニシティはまだまだ続く・・・・

●リクルート就職セミナー面接講師で、北海道北見、沖縄琉球大学からも参加。

東大、東工大、東京理科大、横浜国大、京都薬科大、広島大、新潟大・・・・・

男だらけの35人面接セミナー、燃え上がる。HOMEからAWAYの時期へ突入!

男子学生も、意気揚々、内定圏だ!

●日テレ某バラエティ番組で、就職特集出演オファー。

汐留で2時間打ち合わせ。

運気上昇!唐沢コックピット、いざテレビ番組も始動!

●毎週、衆議院に仕事で出入りしている。政党代表、幹事長の話を「ライブ」で拝聴。

素晴らしい貴重なトリハダ経験である。

世間より一早く「声」を入手できる醍醐味。

THIS IS マスコミ!

●そんななか、私の師匠「渡邊美樹氏」(ワタミ元会長)が東京都知事に出馬!

2回、取材でお会いさせていただきました。私と同じ少年時代、若くして母親を亡くす。

共感し、尊敬し、はや10年・・・・・・著書もすべて読破、反復音読しています。

そして、さらに、さらにミラクル!

私の出版師匠「サンマーク出版・植木社長」の編集で、渡邊美樹氏本を緊急出版!

感動のあまり、TSUTAYAで、2冊も購入!あとがきに、植木氏のことも・・・・

渡邊氏にしては珍しい。

いつもの神社でお参り!いつもの「ジンジャ☆エール」♪



●渋谷のLOFTで、教え子(現4年生)に声をかけられる。

「先生、卒業謝恩会に来てください」


と。・・・・・ショートカットで、一瞬誰かわからず。

昨年の夏、ES勉強会で、自己PRが書けず、悔しくて泣いたあの日。

「悔し泣き、悲し泣き、そして・・・・・・嬉し泣き」・・・・内定、おめでとう。

●学生時代、志望校だった、某私立大学。20年ぶりのリベンジ劇場!

20年前、受験で落ち、10年前また毎年、営業交渉で断られ、先週も、NO!の返答。

100%完全にあきらめた。しかし、その瞬間、メイク ミラクル!・・・・

別ルートから、その大学のキャリア講座が決まり、しかも特別付録(特典)もついてくる。

努力は、報われるのだ@@@@倍、いや倍以上になって戻ってくる。

・・・・・さすがに、ドラマチック感動ストーリーだった。またトリハダ体験!

●『月刊CIRCUS』の巻頭特集のインタビュー。テーマは敬語。

編集者は、なんと同じ母校・駒大出身の先輩で、大いに盛り上がる。来月発売☆

同じ「マス研」出身・・・・・・いるようで、あまりいない駒大マスコミウォーカー。

マスコミに憧れ、京都を捨てた20年前の21歳を思い出す♪

私の決断は、冒険だったけど、正しかったね♪・・・上京物語。

冒険と危険は隣り合わせ。リスクがあるから、面白いんだ!!

だから、冒険(危険)エリアに入ろうぜ!!@@また「縁」結び・・・・再び、何かの予兆?

●翌週、母校・駒大にも、20年ぶりに戻ることに?

マス研!(マスコミニケーション研究所)の今後を活性化!させよう☆

渇!活!勝!春の入学式でスピーチするらしい。・・・・・・・


●最後も、「初体験」。ついに、【トマトサプリメントの商品企画・研究開発】をします!

春に発売される、トマトサプリメントをプロデュースします!楽しみ×楽しみ!

すごいNEWSが続々です。まだまだ朗報線路は続くよ、どこまでも・・・・♪

$$$一緒に「笑い泣き」「嬉し泣き」しましょう$$$

(神社・お参りのお陰だと思います@合掌)



●いま、唐沢明の就職本シリーズ3冊が、新宿紀ノ国屋書店本店2Fにて、

大平積み展開中!です。















CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission