2010-04-18 Sun

女性ファッション雑誌の対談のお仕事で、渋谷へ・・・。

これからトマトの季節、ということもあり、トマトダイエット企画。





まずは、人気雑誌のカリスマモデルさん・谷口さ紗耶香んと、トマトを持ちながら、

スチール写真撮りから。


ちょうどこの日は、ファッション雑誌の発売日ということもあり、タイムリー。

写真撮影慣れしていない私は、トマト、戸惑う、トマト博士クン・・・・。

谷口さんは、(トマトが苦手とは思えないくらい)自然なポーズとスマイル。

インタビューは、パッション全開で、リコピンパワーで、トーク!

トマトリビア満載で、谷口さんも、興味を持ってくれたようです(^.^)

・・・・・・・嬉しいですね。

それにしても、「マスコミの現場」は、パワー、オーラ、スマイル、ポジティブ・・・・など、

楽しい要素がたくさん、漂っています。

素敵な空気感ですね!



谷口紗耶香さん、スタッフのみなさん、ありがとうございました!






発売日が近づいてきましたら、またご報告します♪


2010-04-15 Thu




同じ名前の「AKIRA]さんで、同じマスコミのお仕事で、同じ匂いのする大先輩。

あ、こんな風に、執筆も、テレビ出演も、ナンバーワンで、オンリーワンになりたいな、

という方。

それは、池上彰さんです。

以前より、私淑していましたが、またさらに、池上さんの著書で、勉強であります!

<わかりやすく伝える>

池上さんは、NHKの「週刊こどもニュース」で、11年間経験してきたことが今、活かされているようです。

私は、大学の「就職講義・セミナー」で、11年間教鞭を執らせていただいていることを、

「次」のステージに、活かしたいですね。

テレビ番組を見ていても、実に分かりやすく、好感・共感を得ます。

18年先輩の池上さんですが、私も、18年後、いや10年後には、池上さんのような

「冠番組」「レギュラー番組」を務めたいと強く願うようになりました。



「池上彰の学べるニュース!」

「唐沢明の笑えるニュース?」



・・・・知恵も大切だが、知識も大切。

BSテレビ、ラジオなど媒体問わず、「冠」「レギュラー」いいですね!

出世のため、毎日コツコツと・・・・・。

生き方のモデルになる人がいるって、素敵なことです。

いろいろな方の素晴らしいところを、取り入れて、

自分で「編集」し、自分磨きと、自己成長をしていこう!


テレビ出演(絵)も、執筆本(文)も、支持されている方は

いそうでいない。

知識、知恵、そして、「唐沢キャラ」というスパイスも加え、

2010年の「本業」=大学講師=が、いよいよ開幕します!





2010-04-13 Tue


「いまある真実すべてが、最高のご褒美」

・・・・なんて素敵な言葉なのだろう。

「人生には、当然嫌なこともあるけど、そんなことをストックしてても、

前に進まないじゃないですか?」

・・・・1ワード、1ワードが、力強く、心に響く。

昨日のテレビ番組も、もはやバラエティではない奥の深さがある。

緊急車両が来て、「自然に」自分の車を脇に寄せる。

「自然に」カッコよく、自分の洋服を直す。

何事も、「やっています」ではなく、「自然に」できることに共感を得る、という。


その言葉に共感する。

普通にできることこそ、スゴイのである。

小さいことこそ、大きな意味があるのである。

私の小さな努力を、大きくキャッチしてくれた人・・・・。

ありがとうございます。

ルックス以上に、ハートのかっこよさを感じる。

私も、こんな大きなハートの人間になりたい・・・・。



「いまある真実すべてが、最高のご褒美」

2010年のテーマワードになりそうだ。



「いまある真実すべてが、最高のご褒美」


「いまある真実すべてが・・・・・・・」




『% takuya kimura』(マガジンハウス)のインタビューより抜粋









2010-04-12 Mon

2010年は、壮大な1年になると確信した。

上京20周年のメモリアルイヤーでもある。


とんでもない偉大な人との出会いが待っているような気がする。

楽しかった1、2、3月のオープニングゲーム。

・・・・この3ヶ月間の辛酸体験が、炭酸飲料のように、美味しい味に変化しているような・・・・・。

ゆとり世代、草食系、ETC系・・・若者に対して世間はいうだろう。

しかし、時代を創っていく人は、学生を含めた、若い人たちなのである。

迷わず、行こう!



そんなとき、テレビコマーシャルから、宇宙一素敵な人の美声が聞こえてくる・・・・

「好きにやっちゃって~」

マンダムのCMに出てくる、SMAPの木村拓哉さん。





「好き」が一番、「好き」が最強!

仕事も、学校も、人生も、楽しもうぜ!

ENJOY YOUR JOB!

・・・・・略して、ENJOB!


「好きにやっちゃって~」の前に、

「好きを見つけちゃって~」が必要だね?

見つける⇒やる⇒楽しむ⇒最強のオンリーワン・・・・になるね!

人生、1回しかないよ。

偉大なる人との出会い、それは再会?

それは、宇宙一尊敬している方でしょうか!

再会まで、自分を鍛えるべし、磨くべし!


♪・・・・・・久しぶりに、KANさんが歌番組に出演し、「愛は勝つ」
を熱唱。20年前の上京時の大ヒット曲だ。
そういえば、顔立ちが、KANさんに似てるとも昔、言われたことも?・・・・・

SMAP×SMAPに、KANさんゲスト出演し、木村拓哉さんほかの
メンバーと、「愛は勝つ」を歌って欲しいデスね♪

I WILL WIN=I(私)は、勝つ!







2010-04-08 Thu

プロ野球・木村拓也コーチが、病死した。37歳という若さだった。

・・・・・残念、無念、悔しいとしか表現できない。

広島ファン、野球ファンとして、悲しいニュースになった。

NHKはじめ、各局トップニュースだった。


●自己犠牲・・・・・チームのためなら、野球のためなら。

●率先して裏方をする・・・・・・楽しく、明るく、気持ちよく。

●数字には表れない価値・・・・・・投手&4番以外どこでもOK。

●練習でも本番でも常に同じ姿勢・・・・・・・環境・条件問わず、いつも全力プレー。

●目力・・・・いつでも使ってください、と目でアピール。

●スーパーサブ・・・・・裏方こそ、大切という精神。

●明るく、礼儀正しい・・・・・目上に礼儀、年下に優しく



球団の垣根を越えた存在。

他球団に行ってコーチになれたのは、人柄や人間性が認められたから、

という広島の浅井コーチのコメント。愛されるハートの持ち主だったんですね。


・・・・・昨年夏、私は、試合観戦のため、憧れの広島マツダスタジアムに行った。

試合前のバックネット裏で、選手を見ていると、

三塁側から、覇気と勢いのある木村拓也選手が、少年のような笑顔で

やってきた。すごい目力と迫力で、トスバッテイングをしていたのを記憶している。

私は他チームにもかかわらず、なぜかデジカメで撮影をしていた。

今でも、デジカメには、5枚ほどの木村選手のスイング写真があり、昨晩

改めてその写真を目に妬きつけた。

・・・・驚いたのは、練習後の木村選手の姿だった。

若い選手の前で、使ったボールを丁寧に1個1個笑顔で、篭にしまい、

他の選手の篭も、楽しそうに自ら運んでいたシーンが忘れられない。

自己犠牲、裏方、全力プレー、目力、スーパーサブ・・・・・

私は、木村選手から学んだ「裏方精神」「全力魂」を、今後の人生や、仕事に

活かしていこうと新たに誓った。

好きな仕事なら、裏方も楽しいはず。

裏があるから表があるのだ。

もうひとつの「キムタク魂」・・・・・・吸収し、実践したい。

・・・・・春、大学の授業も始まる。

率先垂範して、スーパーサブに徹し、学生を主役にした就職講座を

展開できればと思った。仕事に活かしていこう。

木村選手のためにも・・・・・・・。


原辰徳監督の涙、山本浩二元監督、達川光男元監督のコメントが

印象的だった。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。



CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission