2010-03-31 Wed

真夏の8月、マスコミ講座がスタート!

あれから8か月、教え子が、ついに、念願のテレビ局の内定通知を獲得した。

目が☆星☆になった瞬間!・・・・・まさに仕事の醍醐味だ!

本当におめでとう!

そして、心から、ありがとう!

最後まであきらめず、よくがんばりました音符音符



「教えることは、教わること」

「教え子は、上司」



・・・・・フジテレビ系列で、人気の局。

また、引き続き、後輩の新3年生のアドバイスも、お願いします。

後輩も、先輩に続こうね!・・・・カラサワ☆マスコミ☆ナイテイ☆ワールドへ!




2010-03-11 Thu

2010年最初の著書が出来上がりました。

新刊「恥をかかない 話し方のビジネスマナー」(大和文庫)です。



デザイン、カバーGOOD!です。



・・・・・・2010年のスタートは、

大学講義のほか、トマトイベント、面接DVD撮影、新聞取材、

雑誌インタビュー、CM・・・・など、新境地の開拓でもある。

改めて、マスコミのお仕事は、楽しい。



スタッフのみなさんも、素敵な人が多く、ハートに「快」と「愛」が詰まっている。

ひらめき、ときめき、かがやきがある!




ここまで、15年間の時間がかかったが、唐沢明の他己分析をヒアリングすると、

「キャラ」という人が圧倒的に多い。うれしい。



★ピーターパンのほか、★平安時代の貴族で蹴鞠(けまり)をしている、とか、

★ディズニーランドで、箒(ほうき)とチリトリを持って園内を掃除している人とか、

★腰の低いヤクザ、とか・・・・・・・ユニークかつピンポイントな視点で、笑えるね♪




個性とは、隠そうとしても、出てしまうもの。

自分では、「素」を自然体で出しているだけ。

いつでも感謝の気持ちを忘れず・・・・・。



2010年6月は、スゴイニュースが待っている!

唐沢キャラ全開のひとときだ!




いつでも「快」、だれでも「愛」のスイッチを大切に・・・・・・*****








2010-03-03 Wed

1月から3月にかけて、各大学の挨拶回り・訪問をしている。

「就職氷河期」耳にタコができるほど、聞かされている。

学生もうんざり、私も同感である。

景気がよかった時代には、なかなか大学との接点ができなかったが、

昨年から今年にかけて、全国の大学で、唐沢明の講座継続、新規開講などの

チャンスをいただくことは講師としても大変嬉しい。

この不況の下、真摯かつ懸命に取り組んでいる大学側と、就活生3年生の姿を見て、

やみくもに大学数を増やすのではなく、私の講座を受講していただいた学生1人1人に向き合い、

「最後の内定までのナビゲート」を個別にしていくことこそ、

唐沢明の任務であると痛感している。

私も苦しんだ、悩んだ、泣いた、笑った、叫んだ・・・・・・あの日。

「大学内の現場」で、毎年学生と教室で内定に向かって、お互いに頑張っていく時間は、

私にとって至福かつ醍醐味であり、「生涯現役講師」を務めていく覚悟・決心をした。

私に「引退」という文字はない。

凶弾で倒れる、という言葉があるが、私は、

教壇で倒れる、ことが夢だ!!

全国15校を超える大学が、こんな未熟講師である唐沢明と提携したい、

就職講座を年間でお願いしたい、という大学側と、

唐沢明の講座を受講したい、という毎年多数の学生の声に対して、

「上から目線」でなく、いつも「横から目線」の気持ちで、かつ初心と感謝の気持ちを忘れず、

2010年4月から始まる新年度講座より、新たな気持ちで、

パッション講座を展開していきたいと思う。

おそらく2010年度が、私の講師歴で最大の講座コマ数になるかと思います。

フルイニング出場!します!

先日、テレビで、派遣村の湯浅誠氏が1人で、雇用問題に立ち向かう姿を拝見し、

刺激を受け、感動し、深夜TSUTAYAに走った。

本を買った。泣きそうになった。

私も、湯浅氏と同年齢の1人として、このままでは大学生が危ない、

就職難民を救わなければ、という衝動に駆られ、先日、ボランティアでOB・OGとともに、

「面接無料セミナー」を開催した。

儲けゼロでいい。内定ゼロでなければ・・・・。

大赤字であるが、真っ赤に燃えるスピリッツが、学生に伝わったと思う。

大学生を変える、大学を変える、就職氷河期を変えることと同時に、

「国を変える」ことが先決であると思い、これから私なりに、いろいろアクション・ムーブメント起こしていく!

就職学校という組織でなく、フリーランスであるからこそ、小回りが効く利点を、最大限

大学や学生にも活かしていくのだ!

就職に困っている学生、試験に落ちて泣いている学生、助けてくださいと叫んでいる学生の

姿を見て、私の心のマグマが沸騰した。

私はマグマなマグロ!

止まらない。消えない。

1人でも出来ることで「革命」を起こして

みんなの役に立てれば光栄です。





CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission