2010-01-27 Wed

「どうして、そんなにトマトが好きなんですか?」

という質問をよくされる。

「母が好きだったから、その遺伝です」

と毎回答える。

大学3年生の就職活動中に、トマトに救われたことも事実。

猛暑の中、冷房のないアパートで、狂うように食べたトマト。

そのリコピンパワーで、頑張れた。

天国の母の遺志のためにも、トマトを「カタチ」にするべきだと

思った。


27歳のとき、「本を書かせてください」と出版社にアタック!

「え?」と戸惑う編集者。「他の企画はありますか?」と言われ、

サブ企画だった、「就職活動本」を提案し、通過。

デビュー作の巻末写真は、母と私の少年時代のモノクロ写真。

【あきらめないアキラ】は、トマト本を出すため、リコピン魂で、再度、猛アタック!

ついに成就・・・・・・・気が付けば、計4冊に。そして、世界で1人だけのトマト博士に!?

【トマトがつくるすっぴん美人】30歳

【トマトジュースダイエットレシピ】33歳

【トマトのちから】38歳

【夜トマトダイエット】40歳

・・・・・え?トマトだけに、赤字?!



くりぃむしちゅー上田さん、みのもんたさん、明石家さんまさん・・・・など大御所が

出演しているTV番組にもトマト企画で、出演できた。

・・・・・トマトは、プチブレイクはするものの、大ブームまではいかない、とあきらめていた

昨年末。事態は急変。メイクミラクル!

宇宙一リスペクトしている方と、トマト企画での共演が実現した。

天国の母の口グセ。

「人間はいつ死ぬかわからない。後悔しないように、好きなことをしなさい」

奇跡が起こった。

感謝あるのみです。

ゴールではなく、スタートだと思って、一度リセットし、

また新しい出会い・再会に向かって、


全力トマト魂!!

走れ!トマトマン!




CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission