2009-10-27 Tue

なんというVIP取材なのだろう!

なんという特別訪問なのだろう!

なんという目が★星★になる時間だっただろうか!

・・・・これまで、バラエティ番組、情報番組しか出演経験のない唐沢明が、

人生お初の「ドラマ」「時代劇」撮影スタジオを訪問させていただいた。

TBSドラマ「小公女セイラ」と「JIN」である。

ディレクターと、緑山スタジオへ・・・・。









ロケ現場だけでなく、樋口可南子さん、志田未来さん、斉藤由貴さん・・・・などの楽屋。

女優さん、スタッフさん、オールメンバーのオールオーラを感じた。

いま、まさに放送している「オンタイムの番組の撮影現場」にトリハダ。

やはり、テレビ・芸能界・マスコミの威力・オーラ・快感を、カラダで感じたひとときだった。





2009-10-21 Wed

弟子から、師匠への恩返し。

弟子が、師匠を超えるとき。出藍の誉。

「青は藍より出でて、藍より青し」

「氷は水より出でて、水より寒し」


という言葉がある。

今回、大妻女子大学後期マスコミ講座ゲストセミナーに、
元教え子のテレビ制作マンが来てくれた。

教え子の初めての就活ライブ・・・・・そこには、
新しい化学反応があった。

5年前の教え子。ハシケン君。作新学院大学野球部だった彼は、
大学4年の夏に、私のところにやってきて、

「唐沢先生!突然のご無礼をお許しください。ボクは、先生の講座を野球部の
練習で受講できなかったのですが、ぜひ、テレビ業界に就職したいと
思っています。どうか、これからご指導ください!」

・・・・・といきなりの就職部室での挨拶。

第一印象は、体育会系らしく、かなり礼儀正しかった。
好感を持った私は、すぐさま、

「あ、明日都内で、マスコミ勉強会をするので、来てみる?」

「は、はい!ありがとうございます」

しかし、宇都宮から渋谷へ来た彼は、いきなりのアウエー。
知らない土地、知らないメンバーだらけ。
しかし、彼は、誰よりも早く会場に到着していた。
しかも唯一のスーツ姿で。

自己PRの練習が始まった・・・・・・
・初対面でも元気さと笑いを忘れない彼。

好感も上がり、今度は、セカンドステージへ。
私は、

「ところで、来月の夏休みに、埼玉の国立教育会館で、
大きなトマトイベントがあるけど、
イベントスタッフになってみる?」

「はい、唐沢先生。いつもチャンスをありがとうございます」

こうして、アナウンサー志望者、ディレクター志望者=ハシケン君、
カメラマン志望者、音楽志望者、広告志望者など、志気の高いメンバー
10名のドリームチームが出来上がった。

台本、構成、作曲、作詞、MC、ダンスなど、すべてドリームチームで
作った。

ハシケン君は、ディレクター志望ではあるが、私と一緒にトマトダンス&
トマトソングを披露してもらうことに。

カゴメ協賛のトマトイベントは、毎日新聞主催のイベントで、
80組の親子の1泊2日というかなり大規模なイベントになり、
結果は大盛況。大成功。

ハシケン君も、私も、マスコミ講座生も、準備から台本、リハーサルなど、
一生懸命になり、心血を注いだ。

子どもたちは、朝6時に起床。

トマトダンスを踊り、歌い、トマトジュースを飲み、
お父さん、お母さんと、子どもたちと、写真&サイン攻め。

すっかり、3枚目のお笑いコンビになった「トマトマン」こと、
私とハシケン。

(((2日目の夕方、子ども達と別れるときは、悲しみの余り
泣き出す子どもも・・・ボクも小さいとき、仮面ライダーや
ウルトラマンショーの帰り、泣いてたな?思い出すね)))

・・・・・そんな2日目の朝食中に、ハシケン君に電話が・・・・。
今、進行中のTBS系列の制作会社からだった。

「今日、最終面接をしますので、午後に赤坂TBSに来てください」

私は、食事を終えた彼に、直感で、トマトネクタイを差し出した。

「ハシケン、これをお守り代わりに、面接頑張っておいで」

「はい、唐沢先生、先生と出会ってまだ10日間しか経っていませんが、
この期間は人生の中でも最大に濃い日々でした。
先生のためにも、このトマトネクタイで絶対内定取ります!」


メンバーは彼を見送った。


※実物のトマトネクタイ(唐沢明の宝物&福を呼ぶラッキーアイテム)




・・・・・「先生、大変です。ボク面接に遅刻しました。
14時を、4時と勘違いしていたようです・・・・・・・・
でも、【ピンチはチャンス】という先生の言葉を忘れず、謝罪し、
ベストを尽くしました。今は笑顔です」

彼は、謝罪後、すぐさまトマトネクタイのエピソードを。

「今、実は、埼玉で親子の食育イベントを開催しています。
そこで、今回、子ども達に野菜やトマトの美味しさ、
素晴らしさを体感してもらおうと、このトマトネクタイやトマト衣装で、
イベントを盛り上げ、大盛況です。・・・・・この経験を活かし、
私は人に喜びと感動を与える企画、番組を手がけていきたいと
思っています・・・・・・この面接後も、子ども達のために
イベントを頑張ります!!」

と、リコピン@パッション全開で、実況中継式で、
自己PRしたのだ。

そして、遅刻したことの謝罪の精神も高評価。

マニュアルでなく、インパクトのあるリアルなエピソードが、
面接官のハートを射止めたのだ。

まるで、映画のシーンのような、台本のようなリアル体験。

そして、当日夜に、イベント反省会中に、朗報電話が会社から・・・・。



内定通知だった

・・・・・・・・・・・・2人は抱き合った。




これは、私のサポートの結果ではなく、ハシケン君の普段の
努力とあきらめない精神力の勝利だ、

・・・・と私は彼を褒めた。

そして、3年の月日が流れ、先週の大妻女子大学に続き、
今週の神奈川大学、成城大学・・・・・・まで
私の講座のゲスト講師に来てくれるという。嬉しい。

さすが教職を取得しているだけあって、講義も上手い。

TBSテレビ「レスキュー」の台本を持って・・・・。

先週の大妻女子大では拍手、笑い、質問が飛び交った。

久しぶりに、ライブ感のある就職講座になった。

1・2年生向けということもあるが、
こんなリアクションの多い講座は久しぶり。

「唐沢先生には、就職活動時代だけでなく、
卒業後もお世話になりましたし、先日も桜新町で、
ジャイアンツの原監督までご紹介いただき、
ありがとうございました。
先生は私の恩師です。これから、先生へ恩返し、
後輩にも内定の手助けをしたいです。
・・・・またそれだけでなく、今の彼女と
出合ったのも、先生がキューピット役ですし・・・・(照)」

「あ、そうか(照)。就職も、恋愛も、・・・・
ところで、彼女とハシケン君、結婚するの?」

ADから、ディレクターへ、
恋愛から、結婚までのプロセスは時間の問題か!?

それにしても、不況の就職難。
彼のゲストライブは、学生にとって、貴重な現場アドバイスであり、
文字通り、「レスキュー」となるに違いない。

私もハシケン君が師匠である。
唐沢ゼミ代表としても、尊敬しているよ。


トマトが作った男同士の絆。

トマトが作った男女の愛。

トマトが作った幸せ。



ハシケン君だけでなく、トマトイベントをやったMCは、
NHKのアナウンサーに4年卒業1週間前に内定し、
曲を作ったメンバーもメジャーデビュー・・・・・。
翌年も、翌翌年も、その次のトマトイベントスタッフにも、
ハッピーが訪れている。

トマトって、「食」だけでなく、「職」も決めちゃうんですね?!

奇跡は起こすもの!軌跡は作るもの!

めでたし、めでたし・・・・・。


!!東京トマトDOGS!!


トマト赤デミー★ドリームチーム★みんな幸せになった瞬間!





2009-10-20 Tue

好きな季節がやってきた・・・・・


狙うなら、二流よりも、一流。一流よりも超一流。

日本一よりも、世界一だ。



TOKYOは、それが実現できるステージ。

相田みつをさんの書にもあるように、「夢はでっかく、根は深く」だ。

山崎拓己さんの新刊と出会って、感化された。

イメージが大切。妄想が大切。過去完了形で!!

「やる気のスイッチ」は、私の夢を叶えてくれる良書。








私の背中には、WBC世界一の原監督、松坂投手が応援してくれている。



まだまだマイナーリーグの唐沢明・まさに、【不毛地帯】であるが、【ドリーム地帯】に

変えるべく、人に感謝する気持ち、年下を尊敬する気持ちを、1日たりとも忘れず、

精進したい。


・・・・・・・また桜新町でお会いしましょう!


▼桜新町で書いてくれた原監督の生サイン








▼山崎拓己著「やる気のスイッチ」シリーズ


2009-10-13 Tue




今日は、オールでカラオケ?・・・・・いえ、オールでレコーディングでした。

(深夜・・・・眠そうな顔ですみません)


トマトソング以来、人生2回目のレコーディングハートでした。



今回は、「就活ソング」!

音符音符音符内定いただき!音符音符音符

作詞・唐沢明でございます!




作曲家・プロデューサーからも、「前よりも、ノリよし、声よし、テンポよし!」とベタ褒めされました(^.^)


車レコーディングした場所も、自由が丘・・・・・。

しかも、私の師匠である・松田聖子さんの「フローレスセイコ」

(グッズショップ売り場)のナナメ前のスタジオではないか?!!

縁・運を感じますね@@

//////ダミーCD完成まで、あと1週間。

いやはや、紅白目指しましょうか!







CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission