2008-08-29 Fri






「お久しぶりです、唐沢先生、実は・・・・・・弟子になりたいんですが」

「弟子は、私の方です。教えながら、教えられる、のが私のミッションですので、弟子はとりません」

というのが、私のコンセプトです。

最近、元教え子から、「先生のもとで、働きたい、アシスタントをしたい」

というリクエストをもらうが、申し訳ないことに、私は師匠ではありません。

「あなたが師匠ですよ」と・・・・。
「あなたの弟子ですよ」と・・・・。


「そのパッションだけでも、買います。素晴らしい情熱です。師匠にはなりませんが、

あなたの夢、希望、目標のサポーターなら、全力を傾注します」よ・・・・・。



他にも、元教え子(5年前の唐沢ゼミ生OG)が訪ねてきて、アドバイスの結果、

テレビ局の全国ネット番組に出演することに(オーディション合格)!!

こんな朗報を耳にすると、オレのやってきたことは、間違いなかったんだ、と

自分で自分の背中を押すのだ・・・・。

自分だけの夢をかなえても、あまり嬉しくない、のだ・・・・・。





一緒に、夢をかなえよう!   レッツ小事 & ザッツ大事!

YOUR HAPPINESS IS MY HAPPINESS!


いよいよ、AKIRA☆KARASAWA☆LEGEND 始まります!!



     I AM YOUR PASSION COACH!





2008-08-29 Fri




*****唐沢明は、15年前、東京書籍株式会社という王子にある新社屋に入社した。

営業経験を経て、私は、ベネッセコーポレーションへ編集部に転職。

この夏休み、私と同じ仕事の経歴を辿っている、東京書籍の同期(後にベネッセへ転職)の

KUWATA君に、仕事で再会した。

「懐かしい」   「お互い、変わらない」  「昨日のよう」

しかも、彼は、故郷も近い(広島*岡山)。

この15年間の歳月を懐かしんだ@@@@@@

山あり、谷あり、地獄あり、天国あり、出会いあり、別れあり、夢あり、挫折あり・・・・。

「H2Oの想い出がいっぱい♪やな****」

新宿紀ノ国屋書店で、KUWATA君に、話しかけられ、名刺をもらったときは、びっくり仰天だった。

昭和20年間の後悔と、平成20年間の航海!



*****サザン活動休止宣言。KUWATAさんの新曲「I AM YOUR SINGER」を何度も聴く。

なぜ、サザンは飽きないのか?人気がすごいのか?

「頑張っていないから」

「ファミリーさがあるから」

「自然体だから」

3世代に人気のバンド。小学3年から聴いている。

マスコミ界のサザンになりたい!




*****元巨人軍KUWATA投手の、ソウル・ハートにも心を打たれる。

イメージトレーニングが、どんだけ大切なことか?

今回のオリンピックもしかり。

「勝つ気があるか、ないか」だけである。

闘志があるやつが一番、すげーんだぞ、と。




***新しいKUWATA伝説、始まります***




2008-08-08 Fri

まずは、今日の朝食から・・・・りんごプリン

桜新町「伊勢屋」さんの「トマトあんみつ」です、はい。







夕方から、BS-ⅰの「からだのミカタ」の撮影ロケがありました。

お笑い芸人「どきどきキャンプ」さんと、楽しいトマト特集の撮影でした太陽太陽

私も、20代は、お笑い芸人を目指し、稽古したり、舞台に立ったりしたことを

思い出しました。

岸さんも、佐藤さんも大変テンポとノリのいい素敵なコンビで、圧倒されました。




チョキさすがでございます!

今後、ハートハート応援していきたいと思います(^.^)






「どきどきキャンプ」の佐藤さんのブログでも、トマト博士☆唐沢明、登場しております。

佐藤さん、ありがとうございます!(^.^)




・・・・・・そういえば、6月に、「anan」で対談させていただいた、「モエヤン」さんも、ブレイク中で、今後も楽しみです。


どんな形であれ、仕事で関わった方が、ブレイクしていく、というのは、嬉しいことです。


あ、そういえば、8月8日、四葉枝豆王子四葉が、讀賣新聞に登場するらしい!


では、8月30日放送を、お楽しみに・・・・・@@@@



2008-08-04 Mon

朝トマトに続き、今夜の晩ごはんは、もちろん・・・・・・








出し汁トマト3個です。


見た目はグロッキーだけど、味は、夏の美味しさ。


リコピン補給OK!


明日も、トマトDAYだ!


2008-08-04 Mon

真夏の太陽の下、今日の朝ごはんは、もちろん・・・・・・・







桃太郎トマト1箱500円なり!


リコピンパワーで、8月を乗りきろう!





CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission