2008-03-22 Sat

『ホームレス中学生』を読んだ。

ホープレス人間になってはいけないことを、再確認させられた。

すさまじい人生経験・・・。 その心のハングリー精神が、自分へのアングリー精神を呼び、
吉本NSCでのトレーニング、そして、成功をつかんだ。

田村さんは、お笑い氷河期世代、私の1期後輩になるらしい。

相方も、という名前で、親しみを感じてしまうコンビ。

天国のお母さんのために、頑張っている田村さんの生き方を見て、感化された。

私も、天国の母に墓参りで、久々広島へ帰省。

この世にいても、いなくても、つながっている。

20年間で、一番きれいに、お墓を掃除した。

手を合わせた。

東京で、一旗あげる、と自らに約束し、達成した。

しかし、それは、ゴールではなく、夢の途中@@@


【明の成功を、天国で、見守ってください、

2008年、4月から、死ぬ気で頑張ります!】




お寺の掲示板に書かれた、<二度とない日々を大切に生きる>を、写メールで撮り、

再び誓った。

新刊【トマトのちから】を、トマトジュースとともに、墓前へ。

【母のちからを、明のちからにします!】




故郷のTVで、「映画タイタニック」(1998年)を見た。 講師・作家デビュー10周年。

この10年、年中夢中で、完全燃焼!ホープレスに全くなっていない!

☆・・・・1968年11月29日、この世に誕生

★・・・・1998年すべてが終わり、三等乗客になったが、

★★・・・・1998年あの年から、すべてが生まれ変わった。

★★★・・・・そして、今年・2008年、三等乗客から、一等乗客になるときだ!

甲斐よしひろの【♪HERO♪】を歌おう!・・・・・ヒーローになるとき、ああ、それは今!

マスコミ界で、グレート☆明☆大物になるまで、東京で頑張り続ける。

天国のグレート☆マザーを超えなければ・・・・。


仲間と出逢った「縁」すべてを大切に、人を楽しませる人間を続けていきながら・・・・。

・・・・・・雨の広島→岡山→20年ぶりの四国上陸・・・・・・・。

本場・讃岐うどんのように、コシと粘りのある、人間になろう!










2008-03-12 Wed

教え子が、ついに、第一志望のテレビ朝日に内定した。

栄冠を獲得。自分の子ども、いや自分のことのように、嬉しかった。

勝利の法則はどこにあったのだろうか?

【大人としての敬語コミュニケーション】
【アイコンタクト&スマイル】
【揺るぎない自分軸】
【ピンチに動じない強靭な精神】
【いつでも、どこでも、だれとでも、楽しみニュケーション】
【休まない決心】・・・・・・・・など。


「唐沢先生、最後まで、ご指導ありがとうございました。これで就職活動もピリオドです。」

「最後まで、講座を受講してくれて、ありがとう。大阪よみうりテレビの面接後、普通なら、東京まで戻ってこないのに、この講座のために、新幹線で、東京まで戻り、重い荷物をもったまま、教室まで来たとき、内定を確信したよ。軸もぶれなかった。まるで、就活ドラマ物語を見ているようだった」

「唐沢先生の、出席率は、内定率に比例する、というアドバイスをはじめ、聞いたとき、最後まで、受講することを自分にも約束しました。
あと、最も印象的だったのが、唐沢先生の、『面接時の、質問はありますか?も、自己PRになる』という言葉が新鮮で、刺激的でした。
あの言葉は、忘れたことはありません・・・・」

全部の講座に出席すること、これは簡単なようで、難しい。

講師である私との約束でなく、自分との約束だったのだ。

自分が、講座を受ける、最後まで受ける、と決心したら、途中で、辞めてはいけない。


毎週1回、90分、計20回の講座・・・・口で言うのは簡単だ。・・・・・継続はチカラなり。

「唐沢ゼミは、最後まで、受講すると、内定を必ず獲得できる」ように、カリキュラムが組まれているのだ。

途中リタイヤするような人だと、テレビ朝日だけでなく、どのマスコミ会社に入っても、すぐに仕事をやめてしまうのだ。

【一事が万事】

好調でも、不調でも、コンスタントに講座に出席していると、魔法がかかってくるのだ!
ノーヒットノーランという偉業を成し遂げて、すぐ引退、というパターンよりも、
連続試合出場して、鉄人になる選手の方が、ファンの記憶に残る名選手だ。

@@@@@出ると、受かる!

@@@@@休むと・・・・・?

高橋尚子選手が、最後まで走りきり、その完走後の笑顔が、今後の、
Qちゃんにおとずれるハッピーを予知している。
それは、Qちゃん本人が一番よく知っているだろう。

ということは・・・・1、2年生なのに、私の講座を最後まで、
受けてくれた、「あなた」にも、来年ハッピーが来る、ということだね♪

また、楽しくがんばろう!楽しく!・・・・


CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission