2008-02-23 Sat

2月22日の敬語セミナーのご参加、ありがとうございました。
敬語ワークの解答です。よろしくお願いします。唐沢明

日常語          丁寧語
わたし           わたくし
あした             みょうにち
きのう             さくじつ
今日           本日
いま           ただいま
今度           このたび
もうすぐ           まもなく
すぐ           さっそく
もう           すでに
この間           先日
さっき           さきほど
ちょっと           少々
少し           少々
あとで           のちほど
いい           けっこう、よろしい
~ぐらい           ~ほど
                                     

ちょっと待ってください        少々お待ちくださいませ
急いでください        お急ぎ願えませんでしょうか
どうでしょうか        いかがでございましょうか
知りません               存じません
こちらから行きます        こちらからお伺いします
聞いておきます        承っておきます
席にいません        席を外しております
また来ます                また参ります
電話します                お電話差し上げます
来てほしいんですが         おいでいただきたいのですが
もう一度言ってください         もう一度おっしゃっていただけませんか
何のご用でしょうか         どのようなご用件でしょうか


2008-02-20 Wed

(CM2明けのつづき)


「うーん、唐沢先生って、毎年こんなにたくさんの大学で、就職の講義をしているんですか?・・・・・・・こりゃ、スゴイ財産ですね?

だって、大学時代に、唐沢先生と授業で、関わりをもって、卒業していく学生の人数を考えたら、膨大な財産ですよ。

どんな就職先にしたって、大学時代に関わった人って、あとあと影響していきますし、影響力だけでも膨大です。

唐沢先生って、すごい影響力のある仕事をしていますね!」



仕事では、ライブ、対話、会話、コミュニケーションを大切にしている
私にとって、目の覚める、心に火がつく、
ありがたい言葉だった。

             @@@@@@@@*@@@@@@@@


そのような言葉を、上原プロデューサーにいわれ、いきなりミラクルが起こったのだ。

まず、いま取材を受けている、雑誌「日経キャリア」の校正を見ていると、・・・・・・・・@・・・・・・・・@・・・・・


な、なんと、上原氏の名前が!!・・・・そうなんです、次号の「日経キャリア」のコミュニケーションの特集で、

上原氏と、唐沢が、コラボしているではありませんか!

阿鼻叫喚!!

びっくりドンキー!

昨日、学生のADアルバイトの紹介で、赤坂の事務所で、上原氏に会うとすぐに、



「唐沢先生、『日経キャリア』の雑誌に、出てましたよね!」



ですって!!こっちが伝えたいセリフですが・・・・・・@@@笑@@@

ミラクルって、あるんですね!

また、上原氏の冒頭の言葉の影響で、素晴らしい出版企画を1つ思いついたのだ!

「これは、売れる!」「絶対ヒット!」取り掛かる前から、大ブレイク?!しておりますが、

上原さんのアイデアの視点のヒントをいただき、唐沢脳みそスパーク!でございます!

できれば、2008年年内に出したい!

「ありそうでなかったもの、ないけど、必要なもの、テレビでもシリーズ特集できるもの」

の企画でございます。

上原氏としては、

「うーん、唐沢先生の、学食本、面白いなあ、もっと面白くできますよ、僕だったら・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・して、・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・が、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なって、・・・・・・・・・・・・・・・・・しちゃうかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っていうのどうでしょう?」


と、ほとんど「@ピー」状態ですが。

企画のアイデアタマゴはまだお伝えできませんので、決まったら、ということで。



チャンスはつかむもの、


夢は叶えるもの、


縁はつなぐもの、


成功は勝ち取るもの、


幸せは楽しむもの






2008年2月末、天国の母のお墓参りをしてから、成功祈念!











2008-02-20 Wed

(CM明けつづき)


「うーん、唐沢先生って、毎年こんなにたくさんの大学で、就職の講義をしているんですか?・・・・・・・こりゃ、スゴイ財産ですね?

だって、大学時代に、唐沢先生と授業で、関わりをもって、卒業していく学生の人数を考えたら、膨大な財産ですよ。

どんな就職先にしたって、大学時代に関わった人て、あとあと影響していきますし、影響力だけでも膨大です。

唐沢先生って、すごい影響力のある仕事をしていますね!」




と、上原プロデューサーにいわれ、TVの視点からの言葉に、驚きのあまり、言葉がでなかった私。

そのような観点で、仕事をしたことがなかったし、またそのような言葉を言われたことも初めてだったからだ。

刺激になった。とても、刺激になった。上原氏の言葉こそ、財産になった。

枯れた私の心に大量の水が湧いてきた。

いつもゲスト講師を大学の講義にお招きする度に感じるのだが、学生からも多くのことを教わり、またゲスト講師からも

いろいろな視点で、学び、発見をし、まさに、「唐沢先生は、生徒・唐沢」なのだ!


「唐沢先生の、人を育てる、というお仕事は、素晴らしい財産です。TVやマスコミでもできない貴重な経験だと思います。

そんな唐沢先生から教えられた学生さんは、うらやましいですし、また唐沢先生も、素晴らしいお仕事をなさっていると

思いますよ」


2月9日、雪の多摩・・・・。記録にも、記憶にも残る名言を聞いた。ありがとうございます、上原さん。

大型TV番組でもお世話になり、また、学生も、ADのアルバイトでお世話になり、また大学にも来ていただき、

こんな名言をいただくなんて!!感謝、感激、感動でございます。

それ以来、いろいろな意味で、モチベーションが上がった。

「人間は、人間で、変わる、変えられる」

早速、ミラクルが起こった。


(つづく)










2008-02-20 Wed

大妻女子大学マスコミ講座で、初ゲストのTVプロデューサー・上原氏に来ていただきました。

やはり面白い。学生はもちろん、私のスイッチもON!ON!になる。

・・・・・・・上原氏とは、5年前からのお付き合いで、以前、くりぃむしちゅーの上田さんの冠番組「土曜日の原宿」
(BS朝日)に、2回も生出演させていただいたこともあります。

トマトについて、2回も、しかも、30分間も、生で・・・・。

それ以来、私の人生はスパークまっしぐら・・・・。

教え子には、毎年年末に、テレビ制作のADのアルバイトなどで、お世話になったり・・・・。

2008年になって、ややスランプ気味の唐沢君。

そんな中、渋谷の文教堂書店で、上原氏の新刊「だから、私はスベラない」と、遭遇し、すぐさま上原氏に電話!

「上原さん、著書見つけて買いました。新しい切り口ですね?」

「ああ、お恥ずかしながら・・・」

いつも低姿勢の上原さん。

それがきっかけで、大学に来てもらうことに。

上原さんの講義終了後、大妻の学食で、さばの味噌煮定食を、USEN阿部君(神大マスコミ講座OB・上原氏のアルバイト経験あり)
と、3人で、食べながら・・・・。



「うーん、唐沢先生って、毎年こんなにたくさんの大学で、就職の講義をしているんですか?・・・・・・・こりゃ、スゴイ財産ですね?

だって、大学時代に、唐沢先生と授業で、関わりをもって、卒業していく学生の人数を考えたら、膨大な財産ですよ。

どんな就職先にしたって、大学時代に関わった人て、あとあと影響していきますし、影響力だけでも膨大です。

唐沢先生って、すごい影響力のある仕事をしていますね!」



と、学食で、番組会議が始まるかもような、突然の真面目なミーティングに・・・・。




(つづく)



2008-02-06 Wed

さあ、今日から、いよいよ青葉台シリーズ!

東洋英和女学院大学での、個別面接レッスン。

昨年夏以来のマスコミ講座以来だ。

正門の守衛室で、記帳していると、「こんにちは!」

(だれだろう?、学生だ)

キャンパスを歩く学生が、大学側のお客さんとはいえ、面識のない大人に対し、歓迎の意味を込め、

【あいさつ】を【笑顔】で【アイコンタクト】でする姿勢は、本当に素晴らしい。

学校でも、家庭でも、教えてくれない大切なこと。

午後からの個別面接も、みなさんK点を超えていた。

内定に必要なことは***********


【マイルドさ】と【ワイルドさ】。【話す自己PR】と、【聞く思いやり】。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅後、読書タイム。

新刊は、必ず3回精読するのが日課↓私の新刊もアリマスガ。






みんな同じGENERATIONだ。

勝間和代、上原英範、織田裕二、唐沢明・・・・同世代の売れ筋カルテット???

今週2月9日、大妻女子大学マスコミ講座で、上原プロデューサーをゲスト講師にお招きします!!

お楽しみに。

おもしろいTV論、ここだけの芸能界トーク、聞けますよ@@@


CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission