2008-01-28 Mon





東洋大学の華麗なる、カレーを堪能!

本場インド人の作ったカレーも、有名店のラーメンも、グルメ級のパスタもある!!



「学食ガイド」「朝日新聞」「森本毅郎スタンバイ」でも紹介させてただいたが、

素晴らしき、スポットである。




白山といえば、1991年12月。

編入学試験の願書を取りに行くために、来て、東洋大学の学生と、マクド(関西弁)で、

電車の始発時間まで、東京談義で盛り上がり、話していたなあ。

深夜発の京都帰りのバスに間に合わず・・・・。

まさに貧乏男子<ボンビーメン>。



上京後、1年、やっと、マクドから、マックといえるようになりました(^.^)





「そこがあったからこそ、今がある」(松本清張)


今を大切に生きよう!


2008-01-20 Sun





本日、フジテレビの「あっぱれ!さんま新教授」にて、敬語学コーナーでの番組監修を担当しました。


感動の初進出です。


東京に来て、「TV番組テロップ」に名前が載ることは1つの夢でしたので、また1つ階段を登った感じです。


スタッフや出演者のみなさま、ありがとうございました!!


2008-01-20 Sun

・・・・・アナウンサーになりたい教え子が、私のマスコミ講座を2年春から
受講し、ラジオ番組、テレビレポーター、トマト食育イベントの司会など、
前向きに挑戦し、いろいろ経験した。アナウンサースクールにも通い、
ゴールに向かって、ひたすら走り続けた。しかし、アナウンサーは狭き門。


3年秋のキー局本試験や、4年春の地方局にも、エントリーシートは通過するものの、
残念ながら、縁がなく、面接で敗退。そして、4年秋採用のセカンドチャンスにも破れ・・・・。


このまま、希望でない一般企業に入社してしまうのか?私も彼女も悩んだ。
「唐沢先生、やはり大学名も関係あるのでしょうか?」「全くない。卒業式まで
あきらめず頑張ろう!」


そして、「アナウンサー内定」を祈り続けた・・・・・・すると、欠員募集
が地元のNHKで発表されたのだ・・・・・しかも4年3月の卒業式の1週間前に!


ミラクルが起きた!なんと、彼女は、内定者1名という、さらに狭き門の
「NHKアナウンサー」に290倍の倍率を突破し、内定したのだ!



悲しみの涙が、喜びの涙に変わった瞬間だった!
1000日間にわたるテレビ局内定への闘いはこうしてハッピーエンドで幕を閉じた。

私も、学生時代、一旦は落ちたが、人事部に手紙を書き、内定者が辞退し、
繰上げ内定者になった事実もあるので、痛みも、喜びも、共感できた。


今、彼女は、アナウンサーとして活躍し、ブラウン管に笑顔で登場している。
情熱さえあれば、夢は叶う!「内定の神様」は、必ず見ている。


内定のコツは、A=あたりまえのことを、B=バカにせず、C=ちゃんと、D=できる学生!




さあ、最後まで、パッション1000%で、一緒に楽しく頑張ろう!


2008-01-17 Thu

久しぶりに、新橋に行った帰り、文教堂書店へ寄った。

わが著『DVD敬語レッスン』(廣済堂出版)が、平積みになっていた。

え?

嬉しい!また疑わしい?光景だった。


20代半ばほどの女性が、わが著を手にとっているではないか!

自著を、書店で手に取っている読者を書店で見ると、ベストセラーになる、という伝説があるが、

いきなり発売1週間後に、その光景に遭遇するとは??

「がんばれ!唐沢!がんばれ!自著」

と心の中で、叫んだ。



その後ろに、先日TVで告知していた気になる、本が・・・。

和田アキ子著『おとなの叱り方』(PHP新書)である。

敬語DVDを真剣に立ち読みしている女性をあとに、私はレジへ並んだ。

これは、スゴイ!・・・・・・私の代弁の本である。素晴らしい内容だ。

ためになる項目満載だ。



◆必死に上を向くことの大切さ

◆電話の応対は、信用度を左右する

◆服装が自分を高める

◆まず声を出せ

◆痛みを知らない時代

◆他人の気持ちに鈍感すぎる

◆「謝る」のは、負けじゃない

あとがきで◆◆◆◆「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」(茨木のり子『自分の感受性くらい』)


『DVD敬語レッスン』とあわせて、ぜひ読んでみてください。

和田アキ子さんと本名も似ているので、親近感も(笑)@@@@


__>>両方、ベストセラー本になるでしょう>>_!



2008-01-08 Tue

唐沢明、人生最大かつ最高の1年が、やってきた!

2008年は、ブレイクの風が来ます!



今年のミッションが、


「旬感を楽しむ」です。




でも、心の目標として、いつも持ち続けていたいことが、あります。

私がやりたいことを、「夢の地・東京」で、やらせていただいているのも、いつでも、どこでも、「人」が

あってこそ・・・・・・・。

「おかげさま精神」を忘れず、スマイルで、頑張りましょう。





①常に、「初心」を忘れない・・・・

・・・・・・・作家・講師デビュー12年。12年前の「子年」の初心を忘れず、さらに前進していこう。


②小さいことにくよくよしない・・・・・

・・・・・・・・「大物」になるためには、細かいことを気にせず、夢に向かって走っていこう。


③小さいことを大切にしていこう・・・・

・・・・・・・・上と矛盾するわけでない。 「小事は大事」と思って、細かいことを積み重ねて!


④「お客様主役の精神」を!・・・・・

・・・・・・・・自分があって相手があるのではなく、相手があって自分がある!常に人のため!


⑤いつも「真面目」な姿勢を・・・・・

・・・・・・・・・真摯な態度、真面目な姿勢、これが一番!誠実、感謝、謙虚なココロで仕事をしよう!




チャンスはつかむもの、夢は叶えるもの!3月から、メイクドラマ、始まります!

2008年、HAPPY NEW NEWS!



@作家として、ベストセラー街道へ!

@講師として、パッションライブ継続へ!

@タレントとして、TV出演ゾクゾクと!

@ついに大手芸能プロダクションに所属契約へ!



健康が一番!笑顔が一番!

今年も、「笑うだるま」、前へ進みます!


CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission