2006-10-31 Tue

昨年1月に急性骨髄性白血病と診断され、闘病生活を続けていたが、昨年の11月6日に、38歳という若さでこの世を去った、本田美奈子.。彼女の1周忌を迎える今年の11月に、井上鑑率いるプロジェクト“INOUE AKIRA&M.I.H.BAND”が、追悼シングル「wish」をリリースする。11月1日のリリース日に先立ち、“INOUE AKIRA&M.I.H.BAND”のメンバーである井上鑑、福山雅治と、作詞を担当した一倉宏の3人が、10月30日にCD発売元であるユニバーサルミュージックにて、記者会見を行なった。
[ ■記者会見の写真はこちら ]

同曲は、本田のサウンド・プロデュースを手掛けていた井上が、彼女の復帰第1弾の作品として用意していた楽曲で、元気に回復した彼女が、自身の作品として発表するはずだった。彼女が闘病生活を送る中、福山雅治をはじめとするミュージシャンやスタッフらが、彼女を元気付けようと、同曲のデモDVDを制作し、病床の彼女へ届けていた。彼女は、感激のあまり、涙を流しながら曲を聴いたという。

記者会見では、「wish」のビデオ・クリップが初披露され、冒頭に記した3人が、本田美奈子.との思い出や、今作を制作することになったきっかけなどを語った。メイン・ヴォーカルの1人である福山は、彼女と初めて会ったときのことを、こんな風に語った。

“デビューして間もない頃、パチンコに行った帰りに、母親の店から出てきた美奈子.さんと偶然会いました。まだ、芸能人に会う機会があまりなかったので、とてもうれしかったのを覚えています。そのとき、僕は当然彼女のことを知っていましたが、彼女は僕のことはたぶん知らないだろうと思ってました。それ以降、彼女と直接会う機会はなかったのですが、彼女のお墓参りに行ったときに、高杉さん(本田の事務所の社長)が、“美奈子.が一番会いたかった人が来てくれたよ”と言ってくれて。それで、初対面のときの話を高杉さんにしたら、“美奈子.はそれを覚えていて、いつも福山くんを応援していたよ”という話を聞いて、うれしいような、切ないような気持ちになりました”

>>続き


2006-10-31 Tue

神奈川大学マスコミ講座に、新ゲスト登場。

元ANAの白水さん。
私の講座1期生の山本さん。

山本さんのご紹介の友人の白水さん。
山本さんは、10年ぶりに私の講座に参加。そして、初ゲスト講師に・・・。

3名の共通点は、
唐沢明・・・18歳のとき交通事故で母が他界。
山本さん・・・23歳のとき、がんで母が他界。
白水さん・・・25歳のとき、がんで父が他界。

白水さんの誕生日=唐沢明の母の命日。

白水さんの口グセ「いつ死んでもいい」
唐沢明の母の口グセ「いつ死んでもいい」

だった。

今日という「今」「この瞬間」を生きる!

この3名の空間に、熱いハートを感じる。

やりたいことを実現できているのは、
「天国の親」のおかげである。

福岡出身の白水さん。
北海道出身の山本さん。
広島出身の唐沢明。

私も、墓参り・墓前報告をせねば・・・。

忙しすぎて、帰省できず、すみません。


2006-10-30 Mon

TBSテレビ「クイズ!日本語王」の番組出演時、ご一緒させていただいた、瀬戸内寂聴先生。

今朝の「朝!ズバッ!」に瀬戸内寂聴先生が、ご出演されていました。

【無常】・・・いつまでも同じ状態は続かないということ

【無限】・・・未来の可能性があること

先生、素敵で背中を押してくれる言葉、ありがとうございます。

【無常】【無限】という言葉から、【勇気】【元気】をもらいました。

みんなも、もらいましょう。


2006-10-23 Mon

念ずれば花ひらく    坂村真民


苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった


2006-10-23 Mon

編集者に、言葉の料理人・志村ゆう先生をご紹介され、先生の武蔵小杉のご自宅で会った。大変素晴らしい先生だ。non・noや義理チョコなどの名づけ親でもあるが、60歳とは思えないオーラのある男性。
迫力があり、目力がある。
握手をしてください、と求めると、「ありがとう、ありがとう、ありがとう、・・・ありがとう、・・・・ありがとう・・・・」とありがとうをたくさんもらった。
書籍も、カレンダーも、ハガキも、カードも、たくさんいただいた。
私こそ、ありがとうの感謝の気持ちだ。

夜になって、前の出版社の社長(55歳)と赤坂の料亭で、接待。接待されるなんて、何年ぶりか?しかも、オレの師匠だ。日本一のベストセラー編集者だ。
「唐沢、出版おめでとうな」
「お前は、よくオレの話を聞いてるな。一見こんな感じやけど、お前は本質を突いている。オレがお前と飲みに行く理由はそこや。本質は大事やで。1つのトコでうまくいくヤツは、どこ行ってもうまく行くんや。1人が楽しいと思う人間は、みんなが楽しいと思うんや、お前が好きや」

日本一のベストセラー編集者を愛情ツッコミとはいえ、頭を叩いたのは、日本でオレくらいやろう?
「営業マンはパンツを脱げ!」にも書いている。
この本、売れてまっせ♪

「男が惚れる男」でいたい。
             赤坂の「寿亭」にて


CopyRight(C)2001-2007 Akira Karasawa

No reproduction or republication without written permission